初心者向け

【ざっくり解説】投資初心者におすすめ!まずはつみたてNISAから始めよう!【資産運用】

tsumitate-nisa

こんばんは!光です。

大手グローバル企業でWebエンジニアをやっています。

Webエンジニアを目指してプログラミングを勉強している初心者の方向けに情報を発信しています。

経歴や実績はこちら

システム開発のお仕事の依頼もお待ちしております。

お問い合わせページTwitterのDMからお気軽にお問い合わせください!

今回はこのような質問をいただきました。

投資に興味があるけど何から始めたら良いのかわからない…

投資を始めようと思っても何から始めたら良いかわからないですよね。

そんな初心者の方におすすめなのがつみたてNISAです。

国が用意してくれた制度で、ぼったくり商品は排除されているので初心者の方でも安心です。

まずはつみたてNISAから始めてみましょう!

そこで今回はつみたてNISAについて解説していきます!

つみたてNISAってどんな制度?

簡単に言うと、税金のかからない投資(資産運用)ができる制度です。

上限は年40万円で20年間利用することができます。

通常は投資で利益が出た場合は利益に対して20.315%の税金がかかります。

つみたてNISAだとこの税金がかからなくなります!

利益が出るほどお得ですね!

例えば、つみたてNISAを活用して毎月33,000円(毎年396,000円)を20年間積み立てたとします。

この場合、最終積立金額は13,564,111円となります。

このうち、7,920,000円が積み立てた金額、5,644,111円が運用で増えた金額になります。

通常だと5,644,111円 × 20.315% = 1,146,601円の税金がかかります。

しかし、つみたてNISAを活用することで、この1,146,601円がかからなくなります!

他にも、つみたてNISAに似たような制度としてiDeCoがありますね。

つみたてNISAってどうやって始めるの?

つみたてNISAを始めるためにはつみたてNISA口座が必要になります。

つみたてNISA口座はSBI証券や楽天証券などの証券取引所で開設することができます。

証券口座を開設するときに同時に開設することも可能です!

おすすめの証券口座はSBI証券か楽天証券です。

つみたてNISA口座は1人1つしか持てませんが、証券口座は複数持つことができます。

多くの人が複数の証券口座を持っているので、とりあえず開設しておくのも良いですね!

SBI証券と楽天証券どっちが良い?

SBI証券と楽天証券のつみたてNISA口座の違いは投資商品になります。

どちらも素晴らしい投資商品が揃っているので、どちらを選んでも良いと思います!

強いて言うなら三井住友カードを持っているならSBI証券、楽天カードを持っている(もしくは楽天サービスを良く利用している)なら楽天証券が良いと思います!

私はSBI証券でつみたてNISA口座を開設しました。

何を買ったら良いの?

私のおすすめは今もっとも勢いのある米国株式か、世界中の経済成長に投資できる全世界株式です。

これからの20年間もGAFAM(Google, Apple, Facebook, Amazon, Microsoft)を筆頭にアメリカの経済が一番成長すると思う人は米国株式、アメリカの勢いが弱まって他の国が成長すると思う人は全世界株式を選びましょう!

長期投資は分散投資が基本ですが、どれも広く分散されている商品なのでどれか1つ買っておけば良いです。

どこで開設するかによって商品が異なるのでSBI証券、楽天証券それぞれのおすすめをご紹介します!

SBI証券

米国株式:SBI・V・S&P500インデックス・ファンド(SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド)

全世界株式:三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

楽天証券

米国株式:三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

全世界株式:三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

私はSBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドを毎月積み立てています!

あとがき

とりあえず、つみたてNISAで毎月33,000円を20年間積み立てていれば老後2,000万円もなんとかなりますね。

これに加えてiDeCoも行っておけば備えは充分だと思います。

もちろん投資なので元本割れのリスクはありますが、長期的には右肩上がりが期待できます。

これからもアメリカを中心に世界中の経済が成長していくと考えるのであれば投資していきたいですね!