マインド

【書評】『週4正社員のススメ』の感想・レビュー!【週休3日制】

syu-4-seishain-no-susume

こんばんは!光です。

大手グローバル企業でWebエンジニアをやっています。

Webエンジニアを目指してプログラミングを勉強している初心者の方向けに情報を発信しています。

経歴や実績はこちら

システム開発のお仕事の依頼もお待ちしております。

お問い合わせページTwitterのDMからお気軽にお問い合わせください!

週4正社員、週休3日制って憧れますね。

今後のスタンダードな働き方となっていく可能性もあります。

今のうちに知識を身に着けておきましょう!

こちらの『週4正社員のススメ』を読むことで

  • 週4正社員の在り方
  • 週休3日制の導入例

を知ることができます!

こんな人におすすめ!
  • 週4正社員になりたい人
  • 働き方改革に興味がある人
  • 社長の人

この本を選んだ理由

週休3日制に興味があったからです。

働き方改革でも注目されていますね。

企業を考えるにあたって、週休3日制の知識をつけておきたかったのもあります。(起業するかも導入するかも別として…)

週に3日休みがあったらかなり幅が広がると思うんですよね。

結婚や子育てを考えるとかなり重要になってくると思います。

ただ、基本的には1日休みが増えた分(仕事が減った分)、給料は下がるみたいですね。(当たり前だけど)

ざっくりと内容説明

週休3日制の導入事例や導入方法が紹介されています。

私は社長ではないので導入方法はささーっと流し読みしました。

週休2日の会社が導入するってなると、かなりのコストがかかりそうですね。

ただ、注目されている働き方改革ではあるので、今後導入する企業も増えてくるのかもしれません。

日本人は働き過ぎだと思うので週休3日でちょうどよいと思うのですが…

印象深い内容についての感想

勤務時間は週に20時間以上

「勤務時間は週に20時間以上であれば時間や曜日は自由に選択可能」

こんな制度を導入している企業もあるみたいです。

これは結構憧れますね。

8時間勤務の1時間休憩で実質7時間というのが一般的だと思いますが、この場合でも3日で済みます。

まさかの週休4日…?休日のほうが多くなるパターンですね。

給料は下がると思いますが、正社員でありながら家庭の仕事も担えるのは大きなメリットだと思います。

採用面では高い訴求力を発揮する

やっぱり需要は結構あるんですね(笑)

俺は週休3日じゃなきゃ働かん!

みたいな就活生が出てきてもおかしくないかも。

ただ、その分、求められるスキルも大きくなると思います。

週休3日制を導入するだけで優秀な人材が集まりやすくなるのなら早めに導入したほうが良いのでは…?

まとめ

多くの企業が例が挙げられていたので、実際に週4正社員になったらどうなるのかをイメージしやすいかなと思いました。

私は週休3日大賛成なのですが、意外にも反対派も多いみたいです。

給料が減るのは結構ダメージでかいですもんね。

自由に選べるような社会になったら、幸せな人が増えていくのではないでしょうか。

女性の社会進出も浸透してきているので、その支えにもなりそうです。

あとがき

「週休3日になったら何曜日を休みにしたい?」

私はやっぱり水曜日派ですね。

月曜日か金曜日を休みにして連休にしたい!

って人もいると思いますが…

平日のすべてが休日の翌日、もしくは前日になるのは魅力的です。

休日が近いほうがやる気も出るってもんです。