マインド

【知っているだけで差がつく】物販記事の収益をアップさせる簡単テクニック4選!【効果絶大!】

こんばんは!光です。

大手グローバル企業でWebエンジニアをやっています。

Webエンジニアを目指してプログラミングを勉強している初心者の方向けに情報を発信しています。

経歴や実績はこちら

システム開発のお仕事の依頼もお待ちしております。

お問い合わせページTwitterのDMからお気軽にお問い合わせください!

ある程度アクセスはあるのに収益につながらない…

せっかく見に来てくれている人がいるのに売れないのは悲しいですよね。

そこで今回は簡単に収益をアップさせるためのテクニックをご紹介します。

簡単にできる割には効果は大きいのでぜひ実践してみてください!

結局どれが一番おすすめなのかを明記する

読者を迷わせないためにも、自分としてはどの商品が一番おすすめなのかを明記しましょう!

あれもこれもおすすめされても、読者としては

結局どれを選べば良いのかわからない!

となってしまいます。

マーケティングの基本で解説した「ベネフィット」と「ターゲット」を意識すると良いです。

PCがほしい人がいたとしても、用途は人それぞれです。

  • ネットサーフィンをしたい
  • ブログを書きたい
  • 動画を見たい
  • 動画編集をしたい
  • ゲームをしたい

ネットサーフィンをしたい人にゲームをするPCをおすすめするのはオーバースペック過ぎますよね。

ターゲットに合った商品をおすすめしましょう!

「こんな人にはこれがおすすめ!」というのを明記できると良いですね。

似ている商品も紹介する

紹介する商品と似ている商品を紹介するようにしましょう!

メインで紹介している商品よりも、実はサブで紹介している商品のほうが売れているということも珍しくはないです。

別の特徴やメリットを持った商品のほうが読者に刺さることがあります。

少し機能は劣りますが、もう少し安いこちらの商品もおすすめです!

Amazonで一番人気のあるこちらの商品もおすすめです!

のように、もう1つ別の視点で紹介するだけで売れるようになることがあります

「安い」、「人気」は正義です。

商品が高額な場合は個別記事を用意する

紹介する商品が高額な場合は個別記事を用意するようにしましょう!

高額な商品を購入する場合は慎重になる人がほとんどではないでしょうか。

PCなどの高額な商品を購入するときに、

これがおすすめです!

と言われても、安易に

じゃあそれにします!

とはならないですよね。

もっと慎重に、どんな機能があって、どんなメリットがあるのかなど、ある程度は調べてから購入すると思います。

逆に100円程度の飲み物を紹介された場合には

ちょっと飲んでみようかな…

となると思います。

つまり、安い商品ほど売れやすく、高い商品ほど売れにくいのです

商品を購入する流れは以下のようになっています。

  1. 知る
  2. 調べる
  3. 購入する

一部のお金持ちを除いて、高い商品を購入するまでには「調べる」というステップが存在します。

その「調べる」ステップで別のサイトへ遷移されてしまうと収益には繋がらなくなってしまいますよね

そこで、「調べる」ステップを行える記事を一緒に提供してあげる必要があります

  1. おすすめの商品を紹介して知ってもらう
  2. より詳しい記事へ誘導して調べてもらう
  3. 良いと思ったら購入してもらう

このような流れを自分のサイトで構築することで販売促進へと繋がります。

セール情報を表示する

Amazonや楽天などのセール情報を表示するようにしましょう!

誰にとってもセールは嬉しいものです。

ちょっと安くなってるし買っちゃおうかな!

みたいな人は結構います。

「○月☓日までAmazonでセール中です!」

みたいなことが書いてあると、

買うなら今だし買っちゃおうかな!

となる人も多いのではないでしょうか。

これだけで売れるようになるなら表示する価値はありますよね。

ただ、セールの度に自分で設定するのも大変ですが、自動でやろうとすると有料ツールが必要になります

ある程度安定した収益のある記事が存在するなら有料のツールを導入しても良いかもしれません。

セールがあったら軽くリライトするだけなので簡単に試せるのでおすすめです!

あと二度目になりますが、「安い」、「人気」は正義です。

まとめ

物販の収益を高めるためには、以下のことを実践してみるのがおすすめです。

  • 結局どれが一番おすすめなのかを明記する
  • 似ている商品も紹介する
  • 商品が高額な場合は個別記事を用意する
  • セール情報を表示する

気軽に実践できて効果が大きいものもあるので、できるところから取り入れてみるのがおすすめです!

参考文献

こちらの記事は以下のVoicyを参考にしています。