マインド

【1%の努力】時間が足りないときは本当にやりたいことを見極める!

not-enough-time

こんばんは!光です。

大手グローバル企業でWebエンジニアをやっています。

Webエンジニアを目指してプログラミングを勉強している初心者の方向けに情報を発信しています。

経歴や実績はこちら

システム開発のお仕事の依頼もお待ちしております。

お問い合わせページTwitterのDMからお気軽にお問い合わせください!

今回はこのような質問をいただきました。

やりたいことが多くて何から手を付けたら良いかわからない!

やりたいことが多いのは幸せなことですが、迷っているうちに何も行動できなくなってしまうこともありますよね。

私もよくこんな状態になっていました。

そこで今回はこちらの質問について解説していきます!

参考文献:1%の努力

私はAudibleで聞きました。

大学教授による壺の話:取り返しがつかなくなることを優先する!

こんな話が紹介されていました。

ある大学でこんな授業があったという。 

「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。

その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。

「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。

「本当に?」そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。

そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。

そしてもう一度聞いた。

「この壺は満杯か?」学生は答えられない。

一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。

教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。

「この壺はこれでいっぱいになったか?」

学生は声を揃えて、「いや」と答えた。教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。

「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」

一人の学生が手を挙げた。

「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、

 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」

「それは違う」と教授は言った。

「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ。」

君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。

それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。

ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。

それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。

もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。

そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう。

https://note.com/wataru_anzai/n/n1b9492e59788

時間は戻すことはできず、有限です。

本当にやりたいことを見極めなければ、大切な時間を無駄にすることになります。

今から始めなければ取り返しがつかなくなること(大きな岩)を優先的に始めるようにしましょう!

まとめ

やりたいことが多いのはとても良いことだと思います。

その中で重要なものを見極めて優先順位をつけたいですね。

見極めるコツはそのやりたいことが今やらなくても取り返しがつくかどうかです。

例えば、結婚なんかは若いうちにしておかないと取り返しがつかなくなることが多いですよね。(大げさな話ではありますが…)

一方で、ゲームをやりたい等の一時的なものはいつでも取り返しがつきますよね。

取り返しがつかなくなって後悔する前に着手しましょう!

あとがき

私のおすすめの大きな岩は投資ですね!

若いうちから少しずつ始めておけば、数年後、数十年後に豊かになっていることでしょう。

他にもいろいろなことに挑戦していきたいですね!

今回参考にしたこちらの書籍もおすすめです!

Audibleもぜひ!