マインド

【1%の努力】失敗が怖い…でも、どんな失敗も話のネタになる!積極的に行動していこう!

こんばんは!光です。

大手グローバル企業でWebエンジニアをやっています。

Webエンジニアを目指してプログラミングを勉強している初心者の方向けに情報を発信しています。

経歴や実績はこちら

システム開発のお仕事の依頼もお待ちしております。

お問い合わせページTwitterのDMからお気軽にお問い合わせください!

今回はこのような質問をいただきました。

失敗が怖くてなかなか行動できない…

失敗は誰にとっても怖いものです。

失敗したときのリスクが大きければ大きいほど不安になりますよね。

そこで今回はこちらの質問について解説していきます!

参考文献:1%の努力

私はAudibleで聞きました。

どんな失敗でも結果として話のネタになる!

失敗が怖くてなかなか行動できない…

という人は

どんな失敗でも結果として話のネタになる!

と考えるようにしましょう!

どんなに大きな失敗でも時が経つと笑い話にできることって多くないですか?

それも、失敗が大きければ大きいほど興味深い笑い話になることが多いです。

また、多くの失敗をしている人はその分、挑戦もしているということなので高く評価されることが多いです。

失敗の話をしたら、そこから自分に興味を持ってもらって仕事がもらえた!

なんて話も聞いたことがあります。

プラス思考の癖をつけていきたいですね!

まとめ

どんな挑戦も無駄になることはなく、必ずどこかで役に立ちます。

不安だけどとりあえずやってみよう!

くらいの軽い気持ちで挑戦してみたら良いと思います!

成功したらそれはあなたの努力の成果ですし、失敗してもあなたの経験として活きてきます。

辛い経験となってしまったら、色んな人に話して笑い話にしてしまいましょう!

あとがき

エンジニアだと本番環境で何かしらやらかすのがあるあるですね(笑)

私が経験した中で一番やばかったのは、ある人が本番環境のDBを消してしまったこと。

かなりの障害になったものの、今となっては誰にとっても笑い話です。

誰もやりたがらない本番環境での操作を積極的にやってくれていたからこそ発生してしまった障害ですね。

やっぱりリスクが高いことで成功したときは達成感があるので積極的に行動するのが良いですよ!

今回参考にしたこちらの書籍もおすすめです!

Audibleもぜひ!